新型コロナウィルスの感染体験を語ってしまう-②

自己評価とか色々感想 A.とにかく感染しては絶対ダメ とにもかくにも、このデルタ型に感染しては絶対にダメです。この1年半を見ていると何故かこの新型コロナウィルスは感染力を増大させ、同時に毒性を強化しています(当初は感染力が高まると毒性は弱まるという予想)。そして感染すると、僕の場合克服に3週間かかり、家人は7月中頃にワクチン2回接種していたにも関わらず、濃厚接触者として2週間リモートワークを余儀なくされました。そして後遺症の解決という厄介なことが控えています。これが一番ウザイです。なので積極的にワクチンは接種してください。確かに変異株は2週間に1回発現していますが、ワクチンの効能は東に行かなければならないのに西を向いているわけではなくて、キッチリ東の方向を示していますので安心して接種してください。副作用はありますが、実際感染するより1億倍ラクだと思います。また感染して発病しても間違いなく軽症で済みます。またペルー発のラムダ株もこれまでの流れでいうと更にパワーアップしている可能性が高いです。

新型コロナウィルスの感染体験を語ってしまう-①

新型コロナウィルス(デルタ株)に感染しておりました。発病は2021/7/27(火)→自宅療養→2021/8/10(火)自宅療養解除→2021/8/22現在後遺症が出ている状態です。現在はPCR陰性で2021/8/16より仕事を開始している50代男性・既往症無が、ようやく何が起こったのかを振り返る事ができるようになったのでちょっとまとめてみました。ワクチンは未接種でした。

ポジショントークする人たち

2020年のコロナ第一波のあと政府はコロナ対策(専門病院設立等)の予算をたんまりつけた。この手の予算はやりたい団体が申請しなければならない。 ところが医師会と知事は何もしなかった。そのツケを何ら政治的パワーのない飲食業界に押し付けている構造だ。何とも壮大ないじめが進行している。

偉大なる実験国家

アメリカという国は昔から好きだった。叔母が居住していることから親近感はあっていろいろ調べれば調べるほど偉大な実験国家である事がわかってきた。何故偉大か。実行がやはり全てでこの国はひたすら実行してきたからだ。

75年前の8月

その昔広島の原爆資料館に行った。泣くというよりも哭いた。 この世に街を全部蒸発させてしまう存在があるのだと思った。そしてこれは実験だと思った。明らかな非戦闘員への攻撃で広島と長崎で違うタイプの原爆を使ったからな。

PCR検査結果陽性者数がイコール感染者数ではない。

仲間と話していて昨今のコロナウィルス感染者数増加について大変だ!大変だ!と思っている人が多いことがわかりました。 そこで毎日東京都が発表している感染者数はどのように判断しているのか、新型コロナコールセンター(0570-550-571)に電話して聞いてみました。 すると「各保健所でPCR検査を行い陽性と判断された人」を集計発表しているとのことです。 つまり報道されているPCR陽性者の数イコール感染者数なのでありますよ。

香港国家維持法というもの。

基本その国の法律はその国が実効支配している地域にのみ適用されます。 これを属地主義といいます。 一方、「域外適用」といって、国家が自国の法令を自国外の事象にまで拡大して適用する事があります。 アメリカの通商政策がそうだ。国際法は一定の場合、国内法令の域外適用を例外的に許容していて実はその線引きが曖昧で不確定な状態です。

アヘン戦争

もともと清は1757年以来、広東港でのみヨーロッパ諸国と交易を行い、公行という北京政府の特許を得た商人にしかヨーロッパ商人との交易を認めてこなかった(広東貿易制度)。 ヨーロッパ側で中国貿易の大半を握っているのはイギリス東インド会社であり、同社は現地に「管貨人委員会」という代表機関を設置していた。しかし北京政府はヨーロッパとの交易を一貫して「朝貢」と認識していたため、直接の貿易交渉には応じようとしなかった。そのため管貨人委員会さえも公行を通じて「稟」という請願書を広東地方当局に提出できるだけであった。 このような広東貿易制度は中国市場開拓を目指すイギリスにとっては満足のいくものではなかった。広東貿易制度の廃止、すなわち北京政府による貿易や居住の制限や北京政府の朝貢意識を是正することによって英中自由貿易を確立することが課題になっていった。