PCR検査結果陽性者数がイコール感染者数ではない。

仲間と話していて昨今のコロナウィルス感染者数増加について大変だ!大変だ!と思っている人が多いことがわかりました。 そこで毎日東京都が発表している感染者数はどのように判断しているのか、新型コロナコールセンター(0570-550-571)に電話して聞いてみました。 すると「各保健所でPCR検査を行い陽性と判断された人」を集計発表しているとのことです。 つまり報道されているPCR陽性者の数イコール感染者数なのでありますよ。

香港国家維持法というもの。

基本その国の法律はその国が実効支配している地域にのみ適用されます。 これを属地主義といいます。 一方、「域外適用」といって、国家が自国の法令を自国外の事象にまで拡大して適用する事があります。 アメリカの通商政策がそうだ。国際法は一定の場合、国内法令の域外適用を例外的に許容していて実はその線引きが曖昧で不確定な状態です。

受動的な「アレ」はヤバそう。

パチンコのニュース みんな何かしら「アレ」を持っています。 ある人はガットがボールを擦り上げる瞬間だったり ある人は波と一体化する瞬間だったり ある人は完璧なインパクトでカップインする瞬間だったり するわけです。

政治家の頭の中

今のところコロナはそんなに人は殺さない。 それよりも経済が落ちる方が人を殺す。 ところが人々はそれをまだ受け入れられない。 それを人々にどのように選択させていくのか。

コロナが明けた世界

1,雇用条件に週2日リモートワークみたいな事が常識になり、オフィス賃料が低下する。 2,同時に完全リモートワークが成立し、地方に移り住む人が増える。→そのサービス提供企業が興る。 3,領収書を読み取り→勝手に精算する無料アプリ→はなからアプリに送る流れが起きる。 4,緊急事態に備えて地方にリモートワークオフィスを所有・共有する企業が増える。→そのサービス提供企業が興る。

本日より、セナカとコシのお手入れツール<セナカコシーベター!>を販売いたします!

本日より、セナカとコシのお手入れツール<セナカコシーベター!>を販売いたします。 HP、ショップはこちら <商品説明> 座って背中を丸めて、PCやスマホを操作する時間が増えています。 もちろんワークアウトという解決方法も非常に有効です。 エクササイズは良い選択ですが、ジムで過ごす時間以外に、カラダについて日常的に注意を払わない限り、「座って仕事、座ってスマホ」のライフスタイルがもたらす悪い結果について抗うことは難しいと思います。 やはり歯のブラッシングやフロスと同じように、私たちの脊柱(背骨)も日常的なメンテナンスが必要なのです。 <セナカコシベター!>は、どなたでも簡単にメンテナスができるように、その上に寝転んで5分程度の時間で終わる簡単なストレッチを行うことで、背骨と骨盤の位置をニュートラルポジションに戻す手助けをします。