ドラッグ更生。

昔高校のころ「ブロン」という咳止め薬を2〜3本一気に飲んで意識変容を楽しむ事にハマった。薬に入っているコデインとエフェドリンが精神をフラットに導く効果があったからだ。どういうわけかオレの行っていた高校は小学校から大学までの一貫校で家がそこそこ金持ちが多かったので高校生のクセに毎日3,000円程度の投入出来るヤツがいてヤツらはガッツリハマっていった。

でブロンはダウナー系なので当然学校に行けなくなって放校処分になるヤツも出てくる。その時の仲間に30年振りくらいに会った。その後そいつはブロンを抜くために更生施設に入りそこでシャブを覚えてシャブ中になって同じ更生施設で更生したそうだ。なんで更生施設でシャブ中になってしまうかというとそもそも更生施設はドラッグ(酒・ブロン・シャブ・コカイン等々)をやめたい人が集う親睦団体のようなものでシャブ中の人が更生施設に入るときに急にやめられないので持ち込むそうだ。そこでそいつはシャブを覚えてしまったそうだ。

でそいつは酒にもハマっていたのだが見事脱出した。今は家業の楽器屋さんの営業部長として子供達に楽器を教える日々を送っているそうな。同時にその更生施設のメンターとしてボランティアでドラッグ有名人のケアもやっているとのこと。

そいつは「ドラッグにハマるヤツは必要とされる時期に親からの愛情をもらっていないヤツで自己肯定感がとても低い。なので心の代償動作として意識変革に走ってしまう。ドラッグは病気だというがこれは心の病気なんだ。」と30年間を振り返っていっていた。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s