伊集院静

たった数秒の事だったのだが、大杉漣という役者に逢い、互いにうなずき合ったことが、ずっと記憶の中にあったから、その訃報を耳にした時はショックだった。

男の役者というのは切ない職業である。昔は男芸者と呼ぶ人もいた。銀幕は女優のものが定説だった。今は男優もスターである。

たった一度の会釈だが、大人の男の出逢いというのはそれで十分だと私は思っている。

人は病気や、事故でこの世を去るのではないと私は思っている。人は寿命で、この世を去るのである。人の死は、生きているその人と二度と逢えないだけのことで、それ以上でも、以下でもない。生きている当人には逢えないが、その人は生き残った人たちの中で間違いなく生きている。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s