陰謀論を語る人

鳩山由紀夫が陰謀論をブチかましている。 で愚にもつかぬという事なのだが実はワタクシもかつてそうであった。 どのくらいかというと当時学芸大学に住んでいたのだが駅前の恭文堂という本屋の書棚 を作ってしまうくらい買い込んでいた。つまり陰謀論の本ってかなりとんでもないモノが多くて アマゾンでついポチってしまうと本当にヤバいヤツ(例:アプ星人との会話、私が出会った宇宙人たち、みたいな)がきちゃう。 だから実際手にとって目次をみないとマジで金の無駄になる。

ヒト進化の基礎知識についてはブラッシュアップが必要

女子の卵に男子の精子が飛び込んで卵側の22本の常染色体とX染色体と精子側の22本の常染色体とX染色体もしくはY染色体が 合わさって46本の染色体からなる受精卵が誕生する。 そして卵や精子に入っていた23本の染色体をヒトゲノムと呼ぶ。ヒトゲノムはA,C,G,Tのアルファベット4文字の組み合わせで32億個を用いて 表現される。そのヒトゲノムを解析する技術に革命が起こりこの10年間でかなりの事柄がブラッシュアップされている。 それによるとまず我々は原人→旧人→新人(ホモ・サピエンス)と進化したと教科書には書いてあるがどうやらそんな事はなかったらしい。

知識社会からこぼれている人へ

知識社会とは他人が知らない事を武器にして有利に主にビジネスを展開していく事だとするとそれは正解だ。 そこにネット化が進み知らない事はなくなってくると知能があるいわゆるアタマの良い人が物凄く努力してどんどん一見関連づけされていない事を結びつけビジネスを始め格差が加速された。 実は格差社会というのは知能の差というどうしようもない事実がゴロンと転がっている事はいよいよ認めなければならない。いやー残酷すぎるな。

マニ教最強説

紀元前600年前後にはイラン高原にいた古代アーリア人にはゾロアスター教は定着していました。がその起源は最大紀元前1500年前まで遡れるが定かでなないそうです。ゾロアスター教はゾロアスターさん(ザラスシュトラ)が唱えた光の神アフラマツダの作った宇宙を闇の神アーリマンが奪いに来てその攻防が繰り広げられているという教え。

終身雇用は無理ゲー。

日本の正社員解雇は大変。スペインも大変だそうな。 なんで解雇が大変なのかは労働基準法・労働契約法なんかを参照されたし。 私は1947年成立の労働基準法は社会民主主義志向の集団であった民政局(GS)の作品と妄想している。GSとは連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の組織の内局でリベラリストが多く日本の民主化を推し進めた機関。

ネガティブな言葉が頭に浮かんだら、その勝負には負けている

 よく言われることだが、思考はやはり現実化する。自分で思い込んでいる方向へと、不思議とものごとは進んでいくということだ。もう少し具体的に言うと、顕在意識で思い込んでいることは自分でコントロールできない潜在意識にまで影響を及ぼし、結果、知らないうちに現実の行動にも表れていくことになる。  もしかしたら頑張ればできるかもしれないのに、潜在意識のレベルでストップがかけられてしまうと、もうどうしようもない。僕に言わせれば、「わたしにはできない」とか「これは無理」などといったネガティブな言葉が浮かんだだけで、その勝負には負けている。  逆に言えば、「わたしはできる」と思い込めば、自分の能力を最大限に活かし、可能性を広げやすくなるだろう。ただ、ネガティブな人の考え方のクセはあまりに習慣化しているので、自分ではなかなか気づけないもの。そこで、親しい人に頼んで自分の口グセを教えてもらうなどすれば、よい気づきを得られるかもしれない。  知らないうちに口走ったり、心の中でいつもつぶやいたりすることから変えていけば、あなたはこれまで持っていた能力以上の結果を残すことができるはずだ。

弔辞

弔辞 面野雄へ 2015/11/27にお前が突然死んだ時俺は宮崎でサーフィンしていてお前のことなんか頭の片隅にもなかった。